瀋秀園について

瀋秀園について

瀋秀園は、昭和62年に、中国の瀋陽市と、川崎市との姉妹都市提携5周年を記念して造られた中国式自然山水庭園です。

 「瀋陽のすばらしい景色を集めた庭園」という意味があり、建物に使用されている瑠璃瓦、木組、獅子像、太湖石は瀋陽市から寄贈されました。

 四季折々の変化に富んだこの庭園を、ごゆっくりお楽しみください。

撮影会等で瀋秀園をご利用の場合は道路公園センターへの申請が必要です。

瀋秀園使用許可申請書はこちら(新しく川崎市のページがひらきます)

 

太湖石(たいこせき)

中国の太湖という湖から切り出された、穴の多い複雑な形の奇石です。

「堆雲」という文字が書かれています。

瀋陽市から寄贈されました。

 

 

獅子像(ししぞう)

瀋秀園の入り口に配置されていて、対になっています。

右側が雄獅子、左側が雌獅子です。

瀋陽市から寄贈されました。

 

知春亭(ちしゅんてい)

太湖石を抜けると、滝を正面から鑑賞できる建物です。

建物を下から見上げてみると、天井には、「春」をテーマにした絵が描かれています。

 

藕香榭(ぐうこうしゃ)

ハスの花を鑑賞できる建物です。(ハスの花は、夏が見頃)

天井には「夏」をテーマにした絵が描かれています。

 

攬翠亭(らんすいてい)

瀋秀園内で一番高い所にある建物です。

瀋秀園内を一望出来ます。

横には滝もあり、水の音と一緒に、景色をお楽しみください。